HOME > 新着情報


平成28年 8月23日

新人研修

SANY0338.jpg不可視パーツ10.pngSANY0339.jpg不可視パーツ10.pngSANY0341.jpg

8月23日に新人研修がありました。
当院では、年4回その年に入職した職員を対象に、病院全体、委員会、部署別と様々な教育と研修体制を整えています。
今回は病院の理念や医療安全、接遇だけでなく、リハビリテーションからは移乗動作について医療従事者としての基礎を習得しました。




平成28年 8月18日

防災訓練の様子

IMGP0173.jpg不可視パーツ10.pngIMGP0180.jpg不可視パーツ10.pngIMGP0190.jpg

火災が発生したと想定
特に新人職員を中心とし、消火機器の取り扱いや仕組み等を説明する訓練内容になりました。



平成28年 8月15日

患者様レクリエーション作品のご紹介(2016年夏作品)

IMGP0168.jpg不可視パーツ10.pngIMGP0165.jpg不可視パーツ10.pngIMGP0163.jpg
不可視パーツ10.png
IMGP0169.jpg不可視パーツ10.pngIMGP0171.jpg不可視パーツ10.pngIMGP0135.jpg

 当院では患者様が季節に合った作品を週に1回レクリエーションの時間を利用し作成しています。
今夏の作品は涼しく泳ぐ魚たちと花火となり、全て患者様のみで作成された作品となります。魚たちの色や大きさ、海草の位置など何度も修正しながら作成された様で、花火の作品に関しては「もっと躍動感が表現出来れば・・・」とおっしゃるこだわりようでした。
観賞する度、夏の涼しさを感じる作品となっていますので、是非ご覧になって見てはいかがでしょうか。




平成28年 7月3日

第18回徳島慢性期医療学会

004.JPG

不可視パーツ5.png
1.JPG不可視パーツ10.png3.JPG
不可視パーツ10.png
2.JPG不可視パーツ10.png4.JPG

平成28年7月3日に第18回徳島慢性期医療学会がグランヴィリオ徳島で開催されました。
当院看護師が、『業務改善による働きやすい職場作りの考察~フットケア改善を試みて~』という内容で発表しました。
今後も業務改善を行い、患者様の満足向上に努めたいと思います。




平成28年 4月25日

NST勉強会(経管栄養について)

1.jpg不可視パーツ10.png2.jpg

4/25(月)にNST勉強会を開催しました。
森永乳業さんを講師にお招きし、「経管栄養について」という内容でお話していただきました。今年度1回目の勉強会ということで、新人職員の方々もたくさん参加していただきました。引き続き、今年度も定期的にNST勉強会を開催し、知識向上に努めていきたいと思います。




平成28年 3月25日

第2回新人研修

P1000782.jpg不可視パーツ10.pngP1000778.jpg不可視パーツ10.pngP1000793.jpg
不可視パーツ10.png
P1000770.jpg不可視パーツ10.pngP1000790.jpg不可視パーツ10.pngP1000795.jpg

平成28年3月25日
平成27年度採用者の第2回新人研修を行いました。入職から約1年をむかえ、日々成長するその姿に今後の頼もしさを覚えます♪




平成28年 2月22日

NST勉強会(当院の経腸栄養剤・免疫栄養)

1.jpg不可視パーツ10.png2.jpg

2/22(月)にNST勉強会を開催しました。
今回の勉強会は「当院の経腸栄養剤について」「免疫栄養について」の2本立てで、当院管理栄養士が講師を担当しました。経腸栄養剤は多くの種類が市販されている中で、当院で使用している栄養剤の特徴について紹介し、免疫栄養については効果のある栄養素や普段の食事で免疫力を高める食べ方などについて話をしました。




平成27年12月21日

NST勉強会

2.jpg

12/21(月)にNST勉強会を開催しました。今回の勉強会は「口腔ケアについて」という内容で、当院歯科衛生士が講師を担当しました。歯磨きの仕方、義歯の取り扱い方、日々の口腔ケアで期待できること、などについて話をしてもらいました。



平成27年10月26日

NST勉強会

1.jpg不可視パーツ10.png2.jpg

10/26(月)にNST勉強会を開催しました。今回の勉強会は「低栄養・褥瘡について」という内容で、ネスレ日本株式会社の方に講師をしていただきました。低栄養と褥瘡の基本、また改善に必要な栄養成分と多く含有した製品について、その活用方法も合わせてお話ししていただきました。




平成27年8月24日

NST勉強会

1.jpg不可視パーツ10.png2.jpg
不可視パーツ10.png
3.jpg不可視パーツ10.png4.jpg

8/24(月)にNST勉強会を開催しました。今回の勉強会は「腸内環境・排泄ケア」という内容で、森永乳業の方に講師をしていただきました。主にビフィズス菌の効果について、臨床現場での成果も交えてお話していただきました。




平成27年6月22日

NST勉強会

1.jpg不可視パーツ10.png2.jpg
不可視パーツ10.png
3.jpg不可視パーツ10.png4.jpg

6/22(月)にNST勉強会を開催しました。今回の勉強会は「糖尿病の合併症・薬物療法について」という内容で、アステラス製薬株式会社様と当院の管理栄養士が講師を担当しました。合併症の話では、代表的なものの症状や機序について、薬物療法の話では、新しい内服治療薬であるSGLT2阻害薬について学びました。




平成27年4月20日

NST勉強会

名称未設定-2.jpg不可視パーツ10.png名称未設定-3.jpg
不可視パーツ10.png

4/20(月)にNST勉強会を開催しました。今回の勉強会は「糖尿病の食事療法・運動療法について」という内容で、当院の管理栄養士・理学療法士が講師を担当しました。当院は、地域性もあるのか、入院患者様・外来患者様ともに糖尿病の方が多く、スタッフの間でも糖尿病への関心が非常に高いと思います。院内勉強会を通して、糖尿病に関する最新情報をスタッフ間で共有し、患者様への指導やケアに役立てていきたいと思います。




平成27年4月17日

リハビリテーション栄養勉強会

20110228-1.jpg
不可視パーツ10.png

4/17(金)にリハビリテーション栄養の勉強会を開催しました。味の素ファルマ株式会社の方を講師にお招きし、リハビリテーション栄養の効果、他病院での活動などについて紹介していただきました。実際に当院でも、リハビリテーション後に筋たんぱく合成に必要な栄養素を含む栄養補助食品を摂取していただいている患者様もおり、筋力・活動性向上を含めた栄養管理を行っています。勉強会で新しい知識を取り入れ、リハビリに関わるスタッフ・栄養に関わるスタッフが協力して患者様の早期退院に向けて支援していけるよう努めていきたいと思います。




平成27年2月23日

NST勉強会を開きました。

名称未設定-1.jpg
不可視パーツ10.png

2/23(月)にNST勉強会を開催しました。当院管理栄養士より、「当院の嚥下調整食について」という内容で発表を行い、実際に試食も行いました。試食を行うことで、味や食感が分かり、患者様に食事介助をする際に説明しやすくなったのではないかと思います。高齢患者様が増える中で、当院でも嚥下調整食を提供することが増えてきており、個人個人に合った食事が提供できるよう、努力していきたいと思います。





平成26年12月15日

NST勉強会を開きました。

名称未設定-1.jpg
不可視パーツ10.png

12/15(月)にNST勉強会を開催しました。講師にクリニコさんをお招きし、「嚥下障害の患者様の食事介助について」という内容でお話していただきました。実際に、患者役と介助者役に分かれて、ゼリーを使った介助法を体験させていただき、翌日から実践できる内容でした。当院では、嚥下障害があり食事介助に注意が必要な患者様がいらっしゃるため、学んだポイントを押さえながら、食事介助にあたっていきたいと思います。





平成26年10月27日

NST勉強会を開きました。

名称未設定-1.jpg
不可視パーツ10.png

10/27(月)にNST勉強会を開催しました。講師にニュートリーさんをお招きし、「とろみ剤について」という内容でお話していただきました。当院入院中の患者様は高齢の方が多く、嚥下機能低下のためとろみ剤を使用している方がいらっしゃいます。とろみ剤を使用したとろみのつけ方を再確認する良い機会となりました。





平成26年 8月25日

NST勉強会を開きました。

名称未設定-1.jpg
不可視パーツ10.png

8/25(月)にNST勉強会を開催しました。講師に日清オイリオさんをお招きし、「嚥下食基準について」という内容で嚥下食の段階と分類を詳しく教えていただきました。入院患者様の高齢化が進み、当院でも嚥下困難な方に対して、その方の状態に合った食形態で食事を提供しています。今回の勉強会で学んだことを日々の業務に活かしていきたいと思います。






平成26年 6月23日

NST勉強会を開きました。

1.jpg
不可視パーツ10.png

6/23(月)にNST勉強会を開催しました。講師にクリニコさんをお招きし、「摂食・嚥下について」という内容で摂食・嚥下障害の基礎的な部分を教えていただきました。今年度の当院でのNST勉強会は「摂食・嚥下障害」について基礎的内容から実践的内容まで幅広く学べるよう予定を組んでおり、スタッフが日々の業務で知識・技術を活かせるようにしていきたいと思います。






平成26年 2月24日

NST勉強会を開きました。

nst.jpg
不可視パーツ10.png

当院理学療法士により、「糖尿病の運動療法」の内容から、特にレジスタンストレーニングについて詳しく説明がありました。レジスタンストレーニングは、筋力増強を目的としたトレーニングで、身体に負荷をかけるため、医師の指示のもと行う必要のあるトレーニングですが、糖尿病患者の運動療法に安全に取り入れることで多くのメリットが期待でき、当院でもリハビリプログラムに組み込んでいる患者様もいらっしゃいます。






平成25年12月16日

NST勉強会を開きました。

NST.jpg
不可視パーツ10.png

12/16(月)にNST勉強会を開きました。講師はNOVARTISさんにお願いし、糖尿病の疫学から病態・治療について幅広く解説していただきました。徳島県は糖尿病死亡率が度々全国ワースト1位になっており、当院では患者様やご家族、または地域の方々に正しい知識を身につけていただくために糖尿病教室を開催しており、今後も職員全体で糖尿病に関する知識をより深めていく必要があると思いました。






平成25年10月28日

NST勉強会を開きました。

20110228-1.jpg
不可視パーツ10.png

当院の臨床検査技師が、「糖尿病検査について」という内容で、糖尿病やその合併症に関わるさまざまな検査について紹介してくれました。
糖尿病を診断するにも、合併症の進行状況を確認するにも、検査を行うことは必要であり、当院でも検査可能ですので、早期発見・早期治療のためにも、自覚症状(口渇・多飲・多尿・夜間頻尿・体重減少・易疲労感・倦怠感・痒みなど)が少しでもある方は検査を受けるようにとの話でした。






平成25年8月29日

入職して6ヶ月、新人研修が行われました。

IMG_3428.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3436.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3438.jpg
不可視パーツ10.png
IMG_3445.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3448.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3453.jpg
不可視パーツ10.png

当院では、教育計画を看護部教育課長が中心になって立案し、年間を通して研修を組み入れ、その計画に沿った指導を新人教育担当者が中心となり、役割を通して成長できるよう支援しています。
今回は、規律・心得、医療安全、感染対策、挨拶・社会人マナーについて研修しました。






平成25年8月26日

NST勉強会を行いました。

IMG_3342.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3343.jpg不可視パーツ10.png無題.jpg
不可視パーツ10.png

当院のNSTは、平成18年4月にNST委員会を立ち上げ、毎月勉強会を開いております。
今回は、当院の糖尿病担当看護師が「糖尿病の合併症」について、主な症状など具体例を挙げての内容で多職種で知識を共有するよい機会となりました。




平成25年8月22日

防災訓練を行いました。

IMG_3319.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3323.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3328.jpg
不可視パーツ10.png
IMG_3331.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3339.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3341.jpg
不可視パーツ10.png

訓練には、院内に勤務する医療職、事務職、委託職員等が参加し、各部署及び消防署への通報訓練、防火扉の動作確認、屋内消火栓取扱訓練や模擬消火器を使用しての放水訓練、スローダンを使用した避難訓練を実施しました。
また、昨今頻繁に起こる地震や洪水など、それぞれの災害に応じて、より安心、安全に対応できるよう職員一丸となって取り組んでいきたいと考えています。



平成25年8月15日

今年も「わかあゆ連」と「こだま連」様が慰問に来て下さいました。

IMG_3261.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3264.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3278.jpg
不可視パーツ10.png
IMG_3279.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3290.jpg不可視パーツ10.pngIMG_3317.jpg
不可視パーツ10.png

力強く踊ったりは勿論のこと、連のリズムの取り方も微妙に違ったりと魅せる踊りに患者様も一緒になって「ヤットサー!ヤットサー!」の掛け声が聞こえてきました。
参加された入院患者様にとって楽しい夏の思い出になったことと思います。



平成25年8月 9日

「褥瘡患者様のための栄養ケア」

褥瘡ケア1.jpg不可視パーツ10.png褥瘡ケア2.jpg

クリニコ様より「褥瘡患者様のための栄養ケア」というタイトルで勉強会を開催していただきました。
褥瘡の治癒過程に必要な微量元素が強化された栄養補助飲料の試飲もさせていただきました。
また、栄養管理だけでなく、褥瘡とは何かというところから詳しく話をしてくださり、多職種が褥瘡ケアについて知識を深める事ができたと思います。



LinkIcon平成24年12月13日
「ボランティア有楽会」の皆さまが今年も慰問に来てくださいました。

毎年楽しみにしておられる患者様が多く今年も食堂は満員でした。
歌や踊りを披露してくださり、感激のあまり涙する患者様も見受けられ1日の大半を入院部屋で過ごす患者様にとって、とても有意義な時間だったと思います。
有楽会の皆さま、ありがとうございました。

1.jpg不可視パーツ2.png2.jpg不可視パーツ2.png3.jpg
不可視パーツ2.png
4.jpg不可視パーツ2.png5.jpg不可視パーツ2.png6.jpg

LinkIcon平成24年8月23日
防災訓練を行いました。

日頃から防災に関する意識を高め、震災・火災があった時には適切な行動が速やかに行える様に定期的に訓練を行っています。
今回も参加者が多く集まり、職員の防災に関する意識の高まりを現場で感じる事が出来ました。

不可視パーツ2.pngIMG_2036.jpg不可視パーツ2.pngIMG_2041.jpg不可視パーツ2.pngIMG_2042.jpg
不可視パーツ2.png
IMG_2045.jpg不可視パーツ2.pngIMG_2046.jpg

LinkIcon平成24年8月15日
阿波踊りの連の皆さまが慰問に来てくださいました。

阿波踊り「わかあゆ連」と「こだま連」の皆さまが慰問に来てくださり、力強い踊りを披露してくださいました。
鳴り物の音が響き渡り、躍動感あふれる男踊りと優美な女踊りに、入院患者の皆様もとても楽しんでおられ元気をたくさんいただきました。

1.jpg不可視パーツ2.png2.jpg不可視パーツ2.png3.jpg
不可視パーツ2.png
4.jpg不可視パーツ2.png5.jpg不可視パーツ2.png6.jpg

LinkIcon平成24年7月7日
第14回徳島県慢性期医療大会にて看護介護研究の発表を行いました。

7月7日ホテルクレメント徳島で徳島県慢性期医療協会主催、第14回徳島県慢性期医療大会が開催されました。
当院からは「不潔行為の見られる患者様への取り組み ~患者様の抑制衣の改善を試みて~ 」と題した看護介護研究を3階病棟所属の蔭山美幸看護補助者、田邨昌代看護補助者の2名が発表しました。


SANY0051.jpg不可視パーツ2.pngSANY0049.jpg

看護介護研究発表.png

LinkIcon平成24年5月16日
H24年度新入職員を対象に新人研修を実施しました。

この研修の目的は以下の通りです。

  1. 敬語と謙譲語を理解する
  2. 気持ちの良い接遇とは何か
  3. 組織の一員として適切な考え方を身につける

1.jpg不可視パーツ2.png2.jpg不可視パーツ2.png3.jpg
不可視パーツ2.png
4.jpg不可視パーツ2.png5.jpg不可視パーツ2.png6.jpg

最後に受付の先輩職員を相手に電話応対の練習も行い、新人職員へアドバイスを行いました。

LinkIcon平成23年10月27日

「ボランティア有楽会」の皆さまが今年も慰問に来てくださいました。

毎年の恒例行事である「ボランティア有楽会」の皆さまが今年も慰問に来てくださいました。
食堂を貸切で会場セッティングしましたが、楽しみにしていた患者様が多く用意した見物席はすぐに満席になり多くの入院患者様が見物され、披露される歌や舞を見入り、とても楽しんでいらっしゃいました。

※ボランティア有楽会・・・演芸等をボランティアで回り病院や施設を訪問活動している集まり

1.jpg 2.jpg


LinkIcon平成23年10月19日

院内において医療安全に関する研修会を行いました。

院内において患者様の容態が急変し、心肺停止などの緊急事態が発生した場合に職員が速やかに現場へ集結し、必要な処置が行うことができる様に緊急放送から処置に至るシュミレーションを収めた教育用ビデオを院内で作成しました。そのビデオを院内研修の場で放映し、全ての職員が緊急時医療安全に対して共通の認識を持てる様に努めました。
当院では今後も患者様の健康と生命をお預かりする立場にあるものとして医療安全に対する職員の意識向上・指導に日々取り組んでいきます。

1.jpg不可視パーツ.png2.jpg

3.jpg不可視パーツ.png4.jpg

LinkIcon平成23年8月15日

阿波踊りの連の皆さまが慰問に来てくださいました。

阿波踊り「わかあゆ連」の皆さまが慰問に来てくださり、踊りを披露してくださいました。
鳴り物の力強いリズムと掛け声が会場中に響き渡り、その迫力の踊りに入院患者の皆さま時間を忘れ楽しんでおられました。入院患者の皆さまにとって夏の楽しい思い出になったことと思います。わかあゆ連の皆さま本当にありがとうございました。

名称未設定-1.jpg 名称未設定-2.jpg

LinkIcon平成23年7月16日

地域住民の方を対象にAED及び熱中症対策の講習会を実施いたしました。

当院ではボランティア活動の一環として地域住民の方を対象に講習を行っております。今回は地域住民の方の救命処置に対する意識高揚を図る目的でAED(自動体外式除細動器)を用いた心肺蘇生法と熱中症対策の講習を実施いたしました。

救急車が現場へ到着するまでの数分間にいかに迅速かつ的確に一次救命処置を行えるかにより患者の救命率は大きく変動します。いつ何時そのような状況に陥るか分からないため、参加者の皆さん真剣に話しに耳を傾けられていました。

1.jpg 2.jpg

3.jpg 4.jpg

今後も地域住民の方を対象に、地域に密着した情報や基礎知識の講習会を計画していきます。講習会のお申し込み、お問い合わせは担当上山までお電話ください。

LinkIcon平成23年5月23日

H23年度新入職員を対象に新人研修を実施しました。

 当院では新人職員を対象に新人研修を実施しています。新人職員の中には病院で働くことや多くの患者様を前にして業務を行うことに不安を抱えている方も少なくないと思います。そのような不安や悩みを少しでも解消できるように、ベテラン職員が手厚くサポートを行い、安全・安心の実践が行えるよう努めております。
研修の目的は以下の4点です。
① 組織の一員として適切な考え方を身につける
② 効果的な仕事の進め方を理解する
③ 社会人としてのマナーの基本を習得する
④ 三加茂田中病院の基本理念を習得する

IMG_0193.jpg IMG_0199.jpg

始めは新人職員と新米講師、お互い緊張していましたが、新人職員の自己紹介が進むにつれ、だんだん緊張がほぐれてきました。
始めに掲げた研修の目的の他に、新人職員が一同に集まり、研修を受ける事で、職種・年齢は違いますが「同期の仲間」として助け合い、「三加茂田中病院の職員として一緒にがんばろう」という雰囲気が生まれたようです。部署が違うと、普段はなかなか会えない新人職員達ですが、休憩時間などはうちとけた雰囲気でした。

LinkIcon平成23年5月23日

院内にて一時ペーシングに関する勉強会を行いました。

一時ペーシングとは:
心臓を動かす心筋がうまく機能しないと血液を体に送ることができず、生命に危険が生じます。ペースメーカーはこのような異常な状態を察知し、心臓に直接電気的刺激を与えることで心臓の機能回復を図る機械です。一時ペーシングとは「体外式ペースメーカーを使用する事」を指し、緊急措置として、一時的にペースメーカーを体外に置き、心臓の機能を回復する治療をいいます。

この研修では以下の3点を目的として行いました。
① 経験の少ない看護師でもリスクを回避するために必要な知識技術を習得する
② 現場での細かい注意点を伝え、マニュアルでは伝わらない経験を感じてもらうことで実際の現場に遭遇したときに安全・安心を提供する
③ 専門職としての自覚を持ち、その知識習得に努める

IMG_0229.jpg IMG_0230.jpg

研修後のアンケートの回答率は91%。「良く分かった」「少し分かった」を合わせると100%という結果になりました。勉強会後の感想としては「余りない手技でも目的・リスク・準備から介助までのイメージができ、緊急時の対応に自信がつきました。」「勉強をし直し、自分の知識を高めようと思いました。」「目的を理解し、緊急時の指示に対応できるようになりたい。」という前向きなものでした。今回の研修内容を記録メディアに保存し、参加できなかった人にも伝えていきたいと考えています。次回は輸血を要する疾患についての勉強会を予定しています。

LinkIcon平成23年3月24日

防災訓練を実施しました。

当院では防災に対する意識向上や避難手順確認などのために定期的に防災訓練を実施しています。今回の訓練は3月24日に実施され、避難誘導、患者搬送、降下訓練、消火訓練などが行われました。訓練を通して日頃の防災意識を高めることで災害発生時にパニックに陥らず、自分自身と患者様の安全を確保することができるものと考えております。今後も防災対策の徹底と促進に尽力し、患者様に安全・安心を提供してまいります。

20110324-1.jpg 20110324-2.jpg

LinkIcon平成23年2月28日

院内において胃瘻造設に関する勉強会を行いました。

現在、少子高齢化社会の問題は当院の提供する医療、看護にも大きく関わっています。当院は、患者様のクオリティ・オブ・ライフを向上する医療、看護を目指しています。今回は、衣食住の食の部分である「胃瘻造設」の勉強会を行いました。スタッフの知識を深め、患者様に適切な医療・看護を提供することで、患者様の満足は得られます。当院はこれからも患者様一人一人に合った、療養生活を考えられるスタッフ育成を目指してまいります。

20110228-1.jpg

LinkIcon平成23年1月24日

院内にて「気管切開の介助」をテーマに勉強会を行いました。

当院では「医療安全」「院内感染」「褥瘡」「接遇」等の各種勉強会を外部講師の協力の下で行い、職員のスキルアップを目指しています。今回は当院スタッフが企画した「気管切開の介助」をテーマに行い、多くの看護師が外科的手技について学びました。その模様をご紹介します。

H230124-1.jpgH230124-2.jpg
福永看護師(手術室看護師)による「とてもよく分かる呼吸困難時のフィジカルアセスメント」の講義です。
 看護師のアセスメント力の要点を押さえたとても分かりやすい講義でした。特にこの手製ホワイト・ボードの関連図は圧巻でした。新人からベテラン看護師まで自分の知識を見直す良い機会となりました。


H230124-3.jpg次に福原看護師(手術室看護師)による「気管切開の介助について」の講義の模様です。基本は「ねじ子のヒミツ手技」という本ですが当院の具体的な手技を盛り込んでおり、経験の少ない看護師でもその光景が浮かんでくるような講義でした。また「ねじ子のヒミツ手技 Part1・Part2」という本との出会いも貴重な経験となりました。


H230124-4.jpg全看護師が外科的処置の場面に平等に当たらない当院の現状の中、「経験の少ない看護師でも知識や技術の向上が図れ、医師や他職種とのチーム医療をより強化することで患者様により高度な医療・看護をしたい。患者様に喜ばれる医療・看護を提供することで看護師としての仕事にみんなで誇りを持ってやっていきたい」という気持ちが伝わった温かい講義でした。皆さんも是非当院で一緒に仕事をしてみませんか!


LinkIcon平成22年12月9日

ボランティア有楽会の皆様が入院患者様の慰問に来てくださいました。

入院患者様もとても楽しみにしており、楽しい時間を過ごすことが出来ました。有楽会の皆様、本当にありがとうございました。
20101209-5.jpg

20101209-8.png

20101209-6.jpg