HOME > 平成30年新着情報


平成30年11月22日


P1020654.JPG不可視パーツ5.pngP1020659.JPG
不可視パーツ5.png
P1020660.JPG

平成30年11月22日
防災訓練を行いました。
厨房からの出火を想定して、消火、通報、避難訓練を行いました。警報が鳴り響き、本番さながらの緊張感の中での訓練が行え、訓練後の参加者の意見でいろいろな問題点が挙げられ、本番に備えるための一助となったと感じました。

平成30年9月12日


1.jpg不可視パーツ5.png2.jpg
不可視パーツ5.png
3.jpg不可視パーツ5.png4.jpg
不可視パーツ5.png

平成30年9月12日
新人研修を行いました。
今回は、感染予防対策、個人情報、病院サービスなどとAEDを使用した急変時対応について学びました。

~研修に参加して~    診療受付会計サービス課  Iさん
研修では自分がどのように働くべきなのかという基本を学ぶことができます。
身だしなみを整えることや患者様への丁寧な対応、何か問題が起きたときの対処法や予防策等知っておくべきことを資料とともに説明していただけるので実際の状況をイメージしながら学ぶことができるとともに、AEDの使い方や手指衛生の手順など実際に機械等を用いて実践的に学ぶ時間が設けられています。
さらに、組織力を高めるためのコミュニケーション方法の検討等を自ら行うことによって、病院内においての行動の基礎力を培うことができたと感じています。
また、研修以外の時でも自分の心構えや行動がどれほど病院において適したものであるかをチェックできるようになっています。新人研修行動チェックリストや医療安全対策についての達成目標などを活用することによって、自分ができていること、できていないことの把握ができ自分が学ぶべきことが明確化されます。
こうした研修を受けることによって、病院の職員としての基本を身につけ自分の成長につなげていきたいと思います。わからないことも多くありますがこれからも頑張っていきたいです。

平成30年5月15日・平成30年6月12日


H30①.JPG不可視パーツ5.pngH30② .jpg不可視パーツ5.pngH30③.jpg
不可視パーツ5.png
H30④ .jpg不可視パーツ5.pngH30⑤.jpg


平成30年5月15日と平成30年6月12日に新人研修を行いました。
外部からの講師をお招きし接遇ついて学びました。最初は緊張していましたが終盤には素敵な笑顔で接遇の研修を終えました。また、病院理念、医療安全、アイスブレイクという初対面の人同士が出会う時、その緊張をときほぐすための手法など様々な内容を一つずつしっかりと学びました。

平成29年12月22日・平成30年3月16日


H29①.jpg不可視パーツ5.pngH29②.JPG不可視パーツ5.pngH29③.jpg
不可視パーツ5.png
H29④.JPG不可視パーツ5.pngH29⑤.JPG

平成29年12月22日と平成30年3月16日に新人研修を行いました。
手指衛生や人工呼吸、AED使用手順などどの部署にも共通する内容で、処置が必要な現場に直面した際、直ぐに行動出来ることを目的として、実際に手を動かしながら研修を行いました。また個人情報漏洩、施設防災、薬剤管理について学び、最終日には振り返り発表を行いました。この一年で成長したこと、学んだこと、今後の課題を発表し、たくさんの喜びと反省がありました。

平成29年 4月24日



名称未設定-1.jpg



 4/24(月)にNST勉強会を開催しました。ネスレ日本株式会社の方から、「摂食嚥下障害」についての話を聞きました。入院患者の高齢化に伴い、摂食嚥下障害を持つ患者様も増加傾向であり、日々知識を深めケアを行っていきたいと思います。

平成29年 2月27日



1.jpg不可視パーツ5.png2.jpg



2/27(月)にNST勉強会を開催しました。当院外科医師による「褥瘡」についての講義を聞き、職員間で日々の褥瘡治療に関する知識を深めました。

平成29年 1月1日


不可視パーツ10.png
不可視パーツ10.png
不可視パーツ10.png

地域包括ケア病床のご案内

 急性期の治療を終えた患者様や在宅で療養生活を送っている患者様の受け入れ、在宅復帰に向けた機能を有し「地域包括ケアシステム」を支える役割の1つとして『地域包括ケア病床』が新設されました。
 当院では、平成29年1月1日より2A病棟の13床を地域包括ケア病床として運用することとなりました。

地域包括ケア病床とは…

 原則60日の入院期間の中で、病名・病状に応じてリハビリを提供したり、療養上のお世話を通して、安心して在宅生活の再開や今後の生活先への移行が可能となるよう『準備を整える』ための病床です。
 ご自宅等への退院準備をしっかり整え、安心して地域へお戻りいただけるよう、在宅復帰支援計画に基づき、医師・看護師・リハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカーなど、さらに地域のケアマネージャーと多くの専門職種が連携して退院支援を行なっていきます。
不可視パーツ10.png
不可視パーツ10.png
不可視パーツ10.png
不可視パーツ10.png
不可視パーツ10.png
不可視パーツ10.png
不可視パーツ10.png

不可視パーツ10.png
不可視パーツ10.png
不可視パーツ10.png

入院費について

 定められた地域包括ケア入院管理料1を算定します。
投薬料、注射料、処置料、検査料、画像診断料、リハビリテーション料など、ほとんどの費用が入院料に包括になります。    
(一部の処置や手術、薬剤等は実施した分、その他、個室料、オムツなどの保険外分は請求させて頂きます。)

在宅復帰機能強化加算について

 療養病棟において、一定の在宅復帰率等の実績を評価する項目が設けられ、当院は、平成29年1月1日より全ての病棟において、療養病棟入院基本料1「在宅復帰機能強化加算」の施設基準が承認されました。

不可視パーツ80×160.png 当院では今後も急性期病院からの患者様を積極的にお受けし、患者様の疾患や状態に応じて必要な治療の継続、リハビリテーション等を行い、多職種でチームを組んで、ご本人、ご家族との連携を図り、適切な時期に在宅へ復帰することを目指しサポートさせていただきます。

転院などのご相談は地域医療連携室まで
お気軽にお電話ください。
℡ 0883-82-3700