栄養管理サービス課は、患者様の病態、症状を理解し、より良い食事を提供し、患者様に満足していただけることを目標として仕事を行っています。
栄養管理は全ての治療の基盤であるので、食事摂取基準を満たすだけでなく、味や見た目など、患者様が満足し、治療への活力につながる食事を提供できるように心がけています。

委員会活動について

NST委員会の紹介
入院時にまずスクリーニングを行い、NST介入の対象となるかを調べます。NST介入が必要となれば、その患者様に対して、NSTメンバーが集まり、最適な栄養療法を決定します。定期的に回診を行い、状態を確認します。アセスメントの資料をもとにNSTのメンバーで各患者様に対する栄養評価および検討を行います。NSTの委員会は月1回行っています。
また、入院中の患者様もNSTに介入することも可能です。食事量が低下している患者様、栄養状態が低下している患者様、食事が飲み込みづらくなっている患者様など、病棟カンファレンスとあわせてカンファレンスを行い全身状態の改善に努めています。

食事量が低下している患者様への対応

当院では、ハーフ食を導入しており、食事量が低下している患者様において、食事量を半分にし、その分、補助食品を追加して、カロリー・栄養素の補給を行っています。この場合、患者様の個人負担なしに提供できるというメリットがあります。

NSTとは?
NSTとは、「Nutrition Support Team」、つまり「栄養サポートチーム」のことをいいます。
栄養管理は全ての治療法の基盤といえ、栄養状態が不良であると、病気の回復が遅れたり、感染症などの合併症を引き起こしやすくなります。逆に適切な栄養管理により、栄養状態が改善すると病気の回復も早まります。
そこで、医師をはじめとして、看護師、薬剤師、栄養士などの専門職がそれぞれの専門知識を持ち寄って患者様を中心としたチーム医療としてご提供し、栄養管理を行うことがNSTの役割です。



給食委員会の紹介
給食委員会①.JPG嗜好調査を行っているところです。患者さま一人ひとりに聞き取りを行っています。入院中の患者さまに、よりよい食事提供をすることを目的として、委員会活動を行っています。看護師、ヘルパー、管理栄養士、委託側栄養士、調理師が参加し、食事の残食状況や個別対応などについて情報交換を行い、患者さまの食事の向上に努めています。また、年4回入院患者さまを対象として、嗜好調査を行っており、食事の量や好き嫌い、米飯や粥の固さ、お茶の味・温度などについて、直接聞き取りを行い、変更の希望があった場合には、その都度対応しています。患者さまに、「おいしい」「食事が楽しみ」と思っていただけるように、活動を行っています。
給食委員会②.JPG委員会にて、試食を行っているところです。味や軟らかさなどについて話し合います。