特定保健指導の紹介

平成20年4月からは40歳から74歳までの方に対して、糖尿病、高血圧、高脂血症などの「生活習慣病」の該当者、予備群を減らすため、内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目した生活習慣病予防対策が導入されました。
これまで目指していた「病気の早期発見・早期治療」から、「病気になる前にまず予防」へと、健診と保健指導のあり方が大きく変わります。

arrow1r.gif


日本人の死因の3割を占める心疾患と脳血管障害。ここ最近になって、内臓脂肪を減らすことでこれらの病気の発症を抑えられることが明らかになってきました。新しい健診ではこの点に着目し、内臓脂肪がベースになって起こるメタボリックシンドロームを見つけ出す健診に変わりました。これまでの「病気を早期発見する健診」から、いわば「生活習慣病予防のための健診」に生まれ変わりました。健診後には保健指導を徹底し、受診者自身が生活習慣の問題点を見つけ、自らその習慣を改善して生活習慣病を防げるようなサポートもはじまっています。
あなたの生活習慣を見直し、健康的な生活を送るためにも、特定健診を受診しましょう。


メタボリックシンドロームについて

高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の大きな要因は、おなかの周りの「内臓脂肪」の累積であることが分かってきました。内蔵脂肪は、運動不足、過栄養、喫煙、ストレスなどの不健康な生活習慣によって蓄積します。内臓脂肪が過剰にたまった「内臓脂肪型肥満」をベースに「高血圧・脂質異常・高血糖」が重複している状態をメタボリックシンドロームといいます。
メタボリックシンドロームはそのままにしておくと、動脈硬化が進行し、さまざまな生活習慣病を発症したり、重症化すると生活機能の低下を招くことがあります。メタボリックシンドロームを予防・改善するには、抜本原因である内臓脂肪をためない・減らすことです。
特定健診は内臓脂肪をチェックし、メタボリックシンドロームの危険因子を早期に見つけることを目的としています。そして、リスクに応じて保健指導がなされます。

健診・特定保健指導の流れ

健診・保健指導プログラムの流れです。
検診結果により、リスクに応じた特定保健指導が行われます。

特定保険検査.png

特定保健指導とは健康情報の提供だけでなく、医師や保健師、管理栄養士などとともにメタボリックシンドロームの解消について考えていきます。健診の結果よりメタボリックシンドロームのリスクを判定し、それぞれのリスクに応じた特定保健指導をいたします。無理なく健康づくりの支援を行います。

階層化について

腹囲・BMI、血糖、脂質、血圧の検査結果、喫煙歴により階層化されます。詳しくは下の図を参照してください。

BMI.PNG

保健指導レベルについて

情報提供

この健康な状態を維持しましょう
現段階ではメタボリックシンドロームの危険はありません。しかし不健康な生活習慣を続けていると、次第にメタボリックシンドロームの状態になり、動脈硬化が進行し、心臓病や脳卒中などの深刻な病気を招く危険があります。
ぜひ健康的な生活習慣を保ち、いまの状態を守りましょう。

動機付け支援

これ以上悪化しないように、生活改善をはじめましょう
メタボリックシンドローム予備群の状態です。このままでいくと、次第にメタボリックシンドロームの状態になり、動脈硬化が進行し、心臓病や脳卒中などの深刻な病気を招く危険があります。
いまの段階であれば、生活習慣の改善で健康な状態に戻ることができます。特定保健指導の動機づけ支援プログラムを受けて、健康状態を取り戻しましょう。

積極的支援

いますぐ生活改善に取り組まないと、生活習慣病になる危険が高いです
メタボリックシンドロームの状態です。このままでいくと、さまざまな生活習慣病を発症しやすくなるために早急にサポートを受ける必要があります。いくつものリスクが重なりだした人は3~6ヶ月間、積極的な保健指導が行われます。健診の判定を改善するために、無理なく行われる目標を自分で選択し、継続して実行していくためのサポートを受けることができます。

当院で特定保健指導を受けようと思われている方へ

当院では、特定保健指導を予約制で行っています。
電話で予約を行ってからお越し下さい。
電話:0883-82-3700

特定保健指導が可能な時間帯
平日:10:00~17:00
(場合によっては、土曜日も可能です。また、こちらの都合により、希望の時間帯に行えないことがあります。電話予約の際にご確認を御願い致します。)