基本方針

  • 病院理念を念頭にスタッフが一丸となって、患者様の一日でも早い機能・尊厳の回復を目的とし日々努力・工夫を継続する。
  • 患者様及び患者様の家族に信頼されるリハビリテーションサービスを行う。
  • 他職種との連携を築き、チーム医療の一員として努める。

当院リハビリテーションサービス課では、上記の基本方針に則り、様々な疾患によって生じた神経・筋・骨格系の運動障害を有する患者様に対して、運動療法を主体として(物理療法を補助として)運動機能(基本動作能力)の回復を図り、患者様に身体的・精神的に生きがいのある社会生活を送れるようにお手伝いしています。当院リハビリテーションサービス課では理学療法と作業療法を患者様の状態に合わせて提供させて頂いております。

リハビリテーションとは
リハビリテーョンという言葉は「心身に障害を残した患者が心理社会的に再適応させること」を意味しており、リハビリテーションの目指すところは、患者様が日常生活動作を自立して行い、かつ、手段的日常生活動作(instrumental ADL ; IADL)も快適に遂行でき、介助量を軽減し、ひいては、QOL(quality of life : 生活の質)を高めることにあります。

201806スタッフ全員.jpg

こんな方を対象としています

[運動器リハビリテーション]
上・下肢の骨折、変形性関節症、リウマチ、脊髄損傷、脊髄症、腰部脊柱管狭窄症、腰痛症、肩関節周囲炎、下肢切断など

[脳血管疾患等リハビリテーション]
脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、脳腫瘍、多発性硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、失語症、失認及び失行症並びに高次脳機能障害など

[呼吸器リハビリテーション]
慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎、無気肺、その他の急性発症した呼吸器疾患
胸部外傷、その他の呼吸器疾患又は手術後など
さまざまな疾患が対象となり対応しています。

こんな所でしています

運動療法室
関節可動域練習、筋力増強練習、歩行練習などの運動療法を行っています。

物理療法室
温熱療法、牽引療法、電気療法などを運動療法の補助的治療として行っています。

施設基準
運動器リハビリテーション(Ⅰ)
脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)